仮想通貨は副業に使える?資産価値はあるのか

何もしていない時間があるのなら、仮想通貨投資がおすすめです。
仮想通貨とは近年話題を集めている現物のないお金のことです。仮想通貨は価格変動が頻繁に行っているため、安く買って高く売れます。そこで、今回は仮想通貨が副業に向いている理由を解説しましょう。

需要と供給で成り立っているから資産価値がある

まず、仮想通貨は元々サトシナカモトという日本人が考案したもので、その後彼はビットコインを生んだ人物です。一般的に国が発行する通貨は、その国の中央銀行が管理をしています。
しかし仮想通貨は管理者が一切おらず、需要と供給で成り立っています。つまり人々が仮想通貨を求めたら、価値が上がりそうでなければ価値は下がります。

需要がどんどん増えることで仮想通貨の価値は上昇するため、この性質をうまく利用して資産すれば運用できます。
仮想通貨は時期により価格変動が起こるため、安いときに買って高くなれば売り差額分を利益として確保できる仕組みです。
シンプルなルールなので初心者でもわかりやすいのがメリットです。実際に日本でもDMM.com、ビットコインモール、いろいろストア、メガネスーパー、ビックカメラなどでビットコインは使えます。今後もどんどん利用店舗が増える予定なので、今のうちから購入して運用すれば将来大金を得られる可能性があります。

大暴落が起こりにくい

仮想通貨は、発行上限が決まっています。
市場にたくさんの仮想通貨がでまわってしまい価値が大暴落するおそれがありません。一般的に通貨というのはたくさん発行されるとその価値が下がる傾向があります。なぜかというと、物価が上昇するからです。通貨が市場にたくさん流れると、それに伴い一般の方の賃金も上昇します。スーパーなどで販売されているモノの価格には、お店で社員の賃金も上乗せされた価格で売られているため、賃金が上がることで物価が上昇するといった理屈です。

賃金が上がっても物価が上がれば何も変わりません。
仮想通貨は発行上限を決めて、希少価値を高くすることで、資産価値を維持しているため大暴落を回避できる仕組みです。
例えば物価が上がり、国の発行する紙幣に危機感を持つ人が増えると、独自の動きを持つ仮想通貨を求める人が増えます。これにより仮想通貨の価値が上昇するため、今から買い付けておけば将来多額の資産になる可能性があります。
すべての資産を仮想通貨にするよりも、まずは少額からスタートして将来につなぐのがおすすめです。